特定非営利活動法人 コスモス経営塾

<<次の記事 前の記事>>

「次世代経営研究講座(成田会場)・研究発表会」を開催しました!

 11月16日(金)、成田U-シティホテルにて「次世代経営研究講座・研究発表会」を開催いたしました。
 本講座は今年6月より約5ヶ月間・全10回にわたり、経営品質プログラムを構成する「7つのカテゴリー」と、経営品質の観点から自社を分析し自社が変革するための要因を導き出す「組織プロフィール」について、解説と演習を交えて開催してきたものです。
 今回はその集大成として、参加された5グループのみなさんに、それぞれ「自社の変革課題」について発表していただきました。


発表風景  発表風景

 当日は各社の社長様も出席され、自社のグループ発表後それぞれ感想をお話しいただきましたが、熱のこもった研究成果の発表にとても満足されているご様子でした。
 参加された皆さん、5ヶ月間お疲れ様でした!本講座で学んだことをぜひ業務に活かしていただき、貴社の業績が更に飛躍されることをお祈りしております。ありがとうございました。

 参加者アンケートの集計結果は<続き▽>をご覧ください
*************************************************************

「成田次世代経営研究講座」発表会アンケート 集計結果(抜粋)

1.発表の準備をしていくなかで、お気づきになったことやご感想がありましたらご記入ください。

・改めて講義等の振返りや考える機会となり、より身になった。
・自部署、他部署の現状や問題となっている課題を議論することができ良い機会であった。
・メンバー同志の熱い議論を行えた。イノベーションを起こす事ができるビジョン作成に時間がかかった。各メンバーの約束事を作った事は良かった。
・自社で話し合う機会が多くなり、自社の課題が多く見つかった。それに向かって参加したメンバーがチーム一丸となり目標設定することができた。

2.他社の発表をお聞きになり、印象に残ったことやお気づきになったことがありましたら、ご記入ください。

・環境認識がどうなっているのか、各社の見方の違いが大変興味深かったです。また、各社の若い人達のパワーを見習わなくてはならないと強く思いました。
・業界問わず、同じような課題を抱えていることがわかり、大変参考になりました。
・それぞれの企業がさまざまな思いのもとで頑張っている様がうかがえ、我々ももっと努力をしなければと感じました。
・企業にとっての課題はあまり大きい小さいは関係ない。良い会社にする為にはどの会社も同じようなプロセスや取組みをしないといけないということ。
・経営品質向上は経営感覚をもった社員を増やす事。受身から自分がやるとの意識改革をもつ社員がどれだけいるかだと感じた。従業員満足の向上が課題だと再認識した。
・地域密着した企業活動で、成田市や千葉県を盛り上げていく為の戦略発表は参考になりました。

3.10回の講座全般や今回の発表でのご経験は、実際のお仕事の中でどのように活用できますでしょうか?それぞれのお立場(経営者様・従業員様)からのご意見をお願いいたします。

・経営に関しての意識が不足していたことが大きな自分の問題であったと認識しました。様々な課題を解決していく中で論理的思考をもとに解決を図ります。
・考えられる知識だけでなく自ら発見創造していく知識が大事であり、考え続けていくことを改めて理解した。
・顧客認識、競争認識、経営資源認識、3C分析、SWOT分析これを今まで以上に高い位置から真剣に考えた事により会社全体の意識を持つことができたと思います。
・今後の運営領域をどう見つけていくのか、そのアプローチの方法についてのヒントを頂くことができました。必ず社内にて共通認識の下、実行していきたいと思います。

4.今後のこのような講座の開催などを含めまして、当行へのご意見・ご要望などがございましたらご記入ください。


・毎年続けていただくと良いと思います。
・人前で発表をするという機会は、一人ひとりを成長させると思います。
・継続開催してほしい。
・また参加したいと思います。
・部下の参加をさせたい。
・これからも機会があれば是非講座を開いていただければと思います。
・あらゆるヒントをいただきこれからの変革を考えなければならない時、役に立つと思います。楽しいセミナーでした。
・千葉興業銀行様このような機会を作っていただき本当にありがとうございました。次回も機会があれば「新会社」で参加させていただければと思います。


| 2012年11月26日 Monday 10:27 AM |

<<次の記事 前の記事>>

PAGE TOP ↑

TOP

設立趣旨・概要

セミナーのご案内

NPO活動報告

NPO提携先リンク

新着情報

カテゴリー

CALENDAR

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<前月 2017年10月 次月>

ARCHIVES

管理用LOGIN

現在のモード: ゲストモード

USER ID:
PASSWORD: